プランターでお手軽家庭菜園を作ろう

誰でも一度は自分で作った野菜を食べてみたいと考えたことはあると思います。家庭菜園まで作るとなるとちょっと大変ですね。それに庭にそんなスペースがない方も多いですよね。 そこで便利なのがプランターです。プランターを使えば今では簡単に野菜作りができます。自分で作った野菜は、無農薬ですので、安心して子供に食べさせることができるのもうれしいですね。採りたて野菜を食べると「こんなにシャキシャキしてるんだ!」と家族みんなが笑顔になります。 野菜は古くから、ビタミンやミネラルの供給源として、また最近はビタミンAの発ガン予防効果や食物繊維の重要性が明らかになり、健康と野菜の関係が注目されています。 日本で一般に栽培されている野菜は100種類以上あるそうです。家庭菜園で気軽に育てられる野菜も多くあります。安全で新鮮な野菜でを育てて旬の野菜をたくさん食べましょう。

プランター菜園で準備するもの

家庭菜園に必要な農具や資材は、基本的に草花づくりとおなじです。例えば、コンテナ、移植ゴテ、市販の培養土、化成肥料、ゴロ土、鉢底アミ、ジョウロ、ポール。ネットがあればだいたいのことができます。 ホームセンターに行けば全部揃います。ホームセンターには担当の方がいますので、始めて分からない時は気楽に聞いてみましょう。肥料や土の種類も多数ありますから、何を作りたいか、例えばきゅうり、トマト、なす、とうもろこしなど。それにあわせてプランターのサイズや培養土、肥料など教えてくれますので、遠慮せずどんどん質問してみましょう。

種まきからは難しい、苗を買いましょう

野菜つくりに種まきからやると手間もかかるし難しいかもしれません。手っ取り早く苗を買ってきましょう。ホームセンターではいろいろな野菜の苗を売っています。ちょっと高いですが、接木の苗を買えば丈夫で育ちも良いです。 プランターに培養土をいれて、苗を植えます。後は水をやるだけ。結構簡単です。苗が育ってくるとわき芽がでてきますので、丈夫なものを残して後は切り取ってしまいましょう。見後つき始めた頃から喜んで収穫していると長く持ちません。芽をどんどん摘み取っていけば時期が来てから長い間収穫ができます。 収穫の時がきたら後は採るだけ。毎日新鮮なシャキシャキ無農薬野菜が食べられます。たぶん食べきれないほど収穫できますので、ご近所におすそ分けして上げてください。

簡単プランター菜園